<みやま納涼花火大会2019> 夜空を彩る8000発

旅行

<みやま納涼花火大会2019> 夜空を彩る8000発

第43回みやま納涼大会が2019年7月20日、みやま市瀬高町の矢部川に架かる瀬高橋上流付近で開催されます。

みやま市は花火の産地として知られ、直径30㎝の尺玉や大玉連発など約8000発が夜空を彩ります。

例年約3万人が来場する夏のイベントです。打ち上げ開始は午後8時からです。

「令和」の最初の花火大会を祝って、オープニングで国歌「君が代」を会場に流し、日の丸をイメージした花火が打ち上げられます。

大玉連発に加え、音楽のテンポに合わせた「ミュージック花火」など特徴ある花火が打ち上げられます。今回も地元の高田花火、塚本花火などが手掛けます。

特設観覧会場は、瀬高橋上流の河川敷、下庄と上庄の両小学校です。

河川敷沿いの道路は午後6時から、車両進入禁止や歩行者専用道路に交通規制されます。

駐車場は、市役所本所、市立図書館、瀬高中学校、JAみなみ筑後瀬高選果場、上庄小学校、マジックユ。

花火大会を盛り上げるため限定1000枚のオリジナルTシャツを販売しています。黒、白、紺の3色です。大きさはSから4Lまで6サイズ。価額は1枚1600円(税込み)です。

※問い合わせは、みやま市商工会(☎63-8000)実行委員会





<広告>

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ