<筑後七国> みやま市 宝満神社奉納能楽(新開能)2018

旅行

<筑後七国> みやま市 宝満神社奉納能楽(新開能)2018

恒例のみやま市高田町新開地区の宝満神社奉納能楽(新開能)が10月20(土)に開催されます。

宝満神社奉納能楽(新開能)は、九州でも古い伝統をもつ能楽の一つです。

享保元年(1716年)、当時の柳川藩主立花鑑任公祈願成就のため、宝満神社に「能楽」を奉納したのが始まりと言われいます。

現在の能楽師ではなく地元の人が奉納するようになったのは、明治以降宝満神社の氏子の自主運営により演能されています。



■開催日 平成30年10月20日(土曜) 午後3時~9時頃まで
■会場 宝満神社(みやま市高田町北新開) ※雨天の場合は「まいピア高田」が会場となります。
■演目
一、西王母(せいおうぼ)(能)
二、雁礫(がんつぶて)(狂言)
三、田村(たむら)(能)
四、羽衣(はごろも)(能)
五、千鳥(ちどり)(狂言)
六、船弁慶(ふなべんけい)(能)
■交通情報
 九州自動車道「みやま柳川IC」から車で約15分
 九州自動車道「南関IC」から車で約15分
 西鉄天神大牟田線「開駅」から徒歩約3分
 JR「渡瀬駅」から徒歩約10分
■駐車場 車は近くに臨時駐車場有り

■問い合わせ先 
 みやま市教育委員会 社会教育課 市史編さん係
 電話 0944‐32‐9183(直通)
FAX 0944‐32‐9192





1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ