<筑後七国> みやま市 お人形祭と大提灯回し 上庄八坂神社

旅行

<筑後七国> みやま市 お人形祭と大提灯回し 上庄八坂神社

大提灯と大人形の股をくぐり 無病息災を祈ります。

大提灯

・毎年7月21日に献灯を行う「提灯ぞろえ」(大提灯)の神事があります。
高さ2.5メートル、直径1メートルの巨大な提灯には花鳥風月や人物が描かれ、制作に約50日以上かかるとされるその材料には魚の鱗や虫の羽、木の皮などが用いられており、鮮やかな色彩とその細密な技は一見の価値あります。
囃子方が鉦を打ち鳴らしながら町内を優雅に練り歩く姿を見に多くの人が集まります。

大人形さん

・7月24・25日には無病息災を祈願する「大人形」なる神事が行われています。
高さ2メートルの大人形は通称“うう人形”とも呼ばれ、その股をくぐると病にかからず無事に健康でいられるご利益があるとされています。そのユニークさから“筑後の奇祭”とも言われ、夜通し行われる期間中は参拝客でにぎわいます!

開催日 場所

■開催日 大提灯(7月21日~25日)大人形(7月24日~25日)

■場所 上庄八坂神社(みやま市瀬高町上庄)
   みやま市瀬高町の上庄地区、県道443号線そばにある八坂神社


■交通情報:九州自動車道「みやま柳川IC」から車で約10分、または、JR鹿児島本線「瀬高駅」から徒歩約15分






1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ