稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

住みたい田舎ベストランキング(小さなまち) 2018年版

旅行

住みたい田舎ベストランキング(小さなまち) 2018年版

●住みたい田舎のランキング

宝島社が発行する月刊誌「田舎暮らしの本」2017年2月号が、「2018年版 住みたい田舎ベストランキング」を発表しています。

「住みたい田舎ベストランキング」は、定住促進に積極的な市町村を対象にアンケートを行ない、田舎暮らしの魅力を数値化して、ランキング形式で紹介しています。

2018年版では、人口10万人未満の「小さなまちランキング」と、人口10万人以上の「大きなまちランキング」の2つのカテゴリーに分けられました。

それぞれに、【総合部門】【若者世代部門】【子育て世代部門】【シニア世代部門】の4つのランキングが発表されています。

人口10万人未満の「小さいまちランキング」

【総合部門】では、「山梨県北杜市(ほくとし)」が1位を獲得しました。
「山岳景観や名水、30代の移住が最多」というポイントと、若者や子育て世代を重点的にサポートしている点が評価されました。

【若者世代部門】では、「大分県臼杵市(うすきし)」が1位となりました。
「海・山・里の豊かさと人の魅力が人をひきつける町」と評価されています。

【子育て世代部門】では、「茨城県常陸太田市(ひたちおおたし)」が1位を獲得しました。
『「子育て上手」を掲げる市が、きめ細やかな支援策を実施中』であるとがポイントです。

【シニア世代部門】では、「長野県辰野町(たつのまち)」が1位を獲得しています。
「自分のペースでアクティブに草の根的な面白さに満ちた町」と評価されています。

また、「小さいまち 総合部門」の2位となった「大分県豊後高田市(ぶんごたかだし)」が、「第1回から6年連続でベスト3入りした」ということで、特にピックアップされています。
今年は「人気の移住地で、支援策がさらにパワーアップ」したことが評価されています。

●「小さなまち」と「大きなまち」に分けた理由

       「人口10万人を境にランキングを2分しました。」
自然豊かなところで田舎暮らしを楽しみたい」という方は「小さなまちランキング」。「都会の便利な暮らしも捨てがたい」という方は「大きなまちランキング」を参考に、「田舎暮らし」を思い描いてください。

「特徴}
・メールを送信する程度のパソコン操作ができればOK!その日のうちにも、ホームページの公開が可能!

・商用のホームページに必要な機能のみを徹底検証し、無駄なコストをカットした格安ソフト!

・プロのデザイナーが作成したキレイなテンプレート。会社やお店の信頼性をアップさせることもOK!

・パソコンだけでなく、スマートフォンにも表示対応!最新型の機種でも見やすいレイアウトを実現しています。

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

rel="nofollow">

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ