八女市 初代筑後国主 田中吉政時代展

旅行

八女市 初代筑後国主 田中吉政時代展

田中吉政は、関が原で石田三成を捕らえた功により、初代筑後国主として32万5000石の大名となりました。
当時の筑後の国とは、福岡県南部全ての地域を指し、南の田中、北の黒田と云われ、2大名ににより治められていました。
田中吉政は、土木工事の神様とも云われ、矢部川を中心に治水系統の骨格を造りました。水郷柳川の掘割もそうです。
最初で最後の筑後国主「まぼろしの男」の姿を検証してみましょう!

まぼろしの男 田中吉政

約400年前 筑後国に凄い男がいた!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ